グルコサミンの効果を徹底解説!

「グルコサミン」という成分名はここ近年、見聞きする機会が増えましたよね。
サプリメントの宣伝などを見ていると、関節痛などに良いことが分かりますが、本来の効果について解説させていただきます。

 

そもそも、グルコサミンは軟骨を作るために欠かせない成分で、体内に潜在しています。
ですが、加齢とともに減少していくため、軟骨がうまく作られなくなり、痛みや歩くときにツライなどの症状が出ます。

 

グルコサミンという成分について追及すると、アミノ酸とブドウ糖にたどり着きます。
これらの成分で作られていて、細胞同士のクッション代わりになっています。
グルコサミンが存在するからこそ、体はスムーズに動き、階段の上り下りや歩行も問題なく行えています。
これがなくなってしまうために、痛みを感じます。クッションがなくなっている状態ですから、骨同士が接触することで痛みが出ます。
また、悪くなると閉経性関節症を引き起こすことがあります。

 

グルコサミンを積極的に補っていくことは、体をスムーズに動かすために役立ち、変形性関節症の予防にもなります。
症状を緩和するためにも有効なので、すでに痛みを感じている人にもすすめられます。

 

 

 

 

 

 

 

グルコサミンの働きは骨だけではない!〜生活習慣病にも〜

 

グルコサミンは軟骨を作る成分としてだけでなく、血小板の凝集作用にも携わっています。
凝集を防ぐ働きがあり、簡単に言うと、血液を固まりにくくするために作用します。
要するに、ドロドロ血液ではなく、健康的なサラサラ血液を維持するために有効です。

 

ドロドロ血液になると、動脈硬化から始まり、高脂血症や糖尿病などあらゆる生活習慣病の発症を促しますが、血液がサラサラであれば、生活習慣病も予防でき、健康体を維持できます。

 

 

 

 

 

 

 

女性必見!美容成分としても活躍!

 

グルコサミンには、皮膚や爪の再生力を高める働きもあるので、美容効果にも期待できます。女性必見の効能がココに!
適量を継続的に摂取することにより、肌の潤いに欠かせないヒアルロン酸の生成をサポートし、シワやたるみ、乾燥などお肌のトラブルを予防することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

グルコサミンの効果まとめ

 

以上のように、グルコサミンの主な働きは軟骨の生成ですが、健康効果・美容効果にも期待できる万能な栄養素のひとつです。
ただ、冒頭でも触れたように、年々グルコサミン量が減っていくので補うことが重要です。
毎日十分に補うことにより、軟骨を作って動きをスムーズにする効果をはじめ、健康効果や美容効果に期待できます。

 

しかし、グルコサミンを食べ物のみから十分に補うことは難しいので、健康補助食品を上手く活用することがすすめられています。
当サイトでも紹介していますが、品質の高いサプリメントを利用し、効率よくグルコサミンを補っていきませんか?

体内のグルコサミンが減っていく年齢とは?

若い人でも、激しい運動をすると、関節に痛みがあらわれますが、体の中でグルコサミンが作られるので数日で痛みも消えます。
それが、年齢を重ねると痛みは消えず、常日頃から関節痛でツライ思いをすることもあります。
これは、グルコサミンの生成量が減少するからです。

 

加齢とともに生成量は落ちていき、消費量に対して生成量が見合わなくなります。
そして、関節がスムーズに動かなくなり、痛みや炎症を起こすなど、諸症状があらわれます。

 

グルコサミンが減少する年齢については個人差がありますが、おおよそ50歳前後で生成量が一気に減ってしまうとされています。
現在40代後半、50代前半で、まだ症状が出ていなくても、体内ではグルコサミンの生成が行われていない可能性があります。
そのため、グルコサミンサプリメントを始めるタイミングは、大体50歳前くらいが良いと思われます。
グルコサミン単体では痛みが出てからでは効果が出にくいので、痛みが出る前から補給しておき、予防する形をとりましょう。

 

ちなみに、過去に運動や体を動かす仕事などにより、体が鍛えられている人は、とくにグルコサミンが減りやすい傾向にあります。
若いうちから体を酷使している場合は、少し早めにグルコサミンの摂取を始めた方が良いかもしれません。

 

痛みが出てから症状を改善するよりも、予防することを意識した方が無難です。
もし痛みが出てから飲み始める場合には、グルコサミンだけでなく、コンドロイチンなども配合しているサプリメントの方が効果的です。

Copyright (C) 2015 グルコサミンの効果を徹底解説! All Rights Reserved.